Topics

せいよう祭3R活動について優秀賞を頂きました

本学では昨年10月28日に毎年恒例の学校祭である「せいよう祭」を実施致しました。その中で、五橋キャンパスのせいよう祭実行委員が取り組んだ3R活動について、宮城県が実施している「平成29年度3R文化祭・学園祭支援事業」に応募し、見事優秀賞を頂きました。

3Rとは、ごみを減らすこと(Reduce;リデュース)、ものを大切に使うこと(Reuse;リユース)、ごみを分別して資源に戻すこと(Recycle;リサイクル)の頭文字をとったものです。

今回、五橋キャンパスのせいよう祭実行委員は会場設営班が主体となり、学科ごとに思い思いのデザインの手作りゴミ箱を作製し、せいよう祭の会場を彩りました。可愛いデザインのゴミ箱の効果もあってか、せいよう祭開催中の五橋キャンパスは終始清潔な状態でした。閉会後の実行委員による片づけの際には、学生たちが率先して分別を行うなど、3R活動に参加することで、一人ひとりの環境への意識を高める良い機会となったようです。このような学生たちによる積極的な活動がこの度、優秀賞という評価を頂きました。

先月29日、宮城県環境生活部循環型社会推進課の方々に本学へお越し頂き、表彰式を行いました。本学からはせいよう祭実行委員会場設営班のリーダーを務めた看護学科2年の千葉さん、同じく実行委員の鳥谷部さんと星さんの3名と指導教員が参加致しました。

表彰後に行った懇談の中で「このような活動は楽しんで参加できることが大切。これからも是非さまざまな形で3R活動を続けてください。」とエールを頂き、学生たちは来年度以降のせいよう祭にも引き継いでいきたいと述べていました。今回のせいよう祭実行委員の活動が本学のより多くの学生へと広がり、さらには宮城県の3R活動を盛り上げるきっかけになることを期待します。

 

この度、表彰に際しまして本学までお越しくださいました宮城県環境生活部循環型社会推進課の皆様及び関係者各位に心より御礼を申し上げます。貴重な懇談の機会、そして優秀賞を賜りまして誠にありがとうございました。