Topics

地域課題理解のための学外活動を行いました

昨年度、本学設置の7学科の中で「人づくり教育モデル学科」に指定されたビジネスキャリア学科は、学内での学習や討議を活発化させる一方で、地域課題への取り組みを通じた人材育成を目指しています。

この度その一環として、2年男子学生が大崎市鹿島台地区・松島町手樽地区を訪問し、農村実習・施設視察や地域の方々との意見交換を行いました。宮城県も推進する「3R」(Reduce・Reuse・Recycle)方針に則り、農村で発生する「半端物野菜」を有効活用する方策なども考えていきます。

今後もビジネスキャリア学科では、地域で必要とされる現場に強い「人づくり」にチャレンジして行きます。