Topics

歯科衛生学科 授業紹介

歯科衛生学科3年生の「保健指導演習Ⅲ(臨床総合)」をご紹介します。

この授業の中で行う「歯科過程演習」では、3年生が術者・補助者、1年生が患者役となり計3回の演習を行います。

口腔内診査・口腔内写真撮影・歯石除去・ブラッシング指導などの技術力だけでなく、業務計画の立案や記録の作成、アドバイスシートの記入などといった分析、考察の力も必要となります。アドバイスシートには、患者役の学生の歯や歯茎の状態とブラッシング方法などが記入され、演習後に3年生から1年生へ渡されます。

同じ患者役の学生に対して演習を行っていくため、実際の現場と同様に経過観察をすることができ、前回の記録を基に、歯科保健指導や施術の内容を患者役の学生の状態に合わせて行います。

本学で1年次から身につけてきた歯科診療補助、歯科予防処置、歯科保健指導の知識・技術などを全て用いて行う演習であるとともに、患者への声掛けや細かな配慮など、普段の授業や臨床実習で学んできた歯科衛生士としての応対もスムーズに行えるよう、高い意識を持って取り組んでいきます。

実習を終えた1年生は3年生の所作や歯科衛生士としての技術、心配りにとても刺激を受けていたようです。