仙台青葉学院短期大学

MENU

過去問・学校案内請求
イベント申し込み

ビジネスキャリア学科

教員紹介

薄葉 祐子 うすば ゆうこ / Yuko Usuba

所属学科:ビジネスキャリア学科
職位:教授
専門分野:女性労働

学歴
東北大学大学院経済学研究科経済経営学専攻 博士課程後期修了
学位・資格等
・博士(経営学)
・修士(経営学)
・国家資格 キャリアコンサルタント
主な職歴
・平成25年4月~平成27年3月 東北工業大学非常勤講師
・平成27年4月~令和3年3月 独立行政法人国立高等専門学校機構鶴岡工業高等専門学校准教授
・令和3年4月より仙台青葉学院短期大学ビジネスキャリア学科教授
担当科目
・現代企業論
・ビジネス実務総論
・プレゼンテーション論
・基礎キャリア形成
・基礎ゼミ
・総合演習Ⅰ
・総合演習Ⅱ
・総合演習Ⅲ
研究テーマ
・女性活躍推進
・女性労働
・ダイバーシティ経営
主要論文
・女性が活躍できる「職場」-職場の多様化が女性の昇進意欲に及ぼす影響-(東北大学大学院経済学研究科博士論文、2019)
・女性人材活用を促進する日本の法制度の概要と課題『日本言語文藝研究17号』(研究論文、単著、2017)
・日本女性のキャリアブレイクに関する一考察-キャリアブレイクの分析枠組み構築に向けて-『日本言語文藝研究16号』(研究論文、単著、2016)
・地方における女性のキャリア形成の事例報告-福島県浜通り南部地域を事例として-『東北工業大学紀要Ⅱ人文社会科学編第34号』(研究論文、単著、2014)
・既婚女性の主体的キャリア再形成の事例報告-福島県浜通り南部地域を事例として-『経営学論集第84集』(研究論文、院生セッション、単著、2014)
・日本の女性活用推進施策の事例報告-東北地方の地方銀行6社における女性活用推進施策を事例として-『日本言語文藝研究第15号』(研究論文、単著、2015)
・鶴岡高専における主権者教育の取組み事例報告 政治参加の状況と模擬選挙から見えたジェンダー・ステレオタイプの影響 『鶴岡高専研究紀要54号』(研究ノート、単著、2020)
・鶴岡高専における主権者教育の取組み事例報告 「政治参加講座」を受講した学生のアンケート調査より『鶴岡高専研究紀要51号』(研究ノート、単著、2017)
主な著書・翻訳
学会発表等
・「女性正社員の昇進意欲を規定する要因」(日本経営学会第94回大会、2020)
・「女性活躍推進プロセスの仮説的考察」(日本語教育・日本学研究国際シンポジウム、2018)
・「東北6県「子育てサポート企業」のワーク・ライフ・バランス施策 -女性の活躍推進を加速するワーク・ライフ・バランス施策-」(組織学会2018年度研究発表大会、2018)
・「企業における女性活躍推進の状況 ~女性活躍推進法施行による東北6県企業の試み~」(現代経営研究学会2017年度研究発表大会、2017)
・「女性人材活用を促進する日本の法制度の概要と課題」(台湾日本言語文藝研究学会第16回定例学会 日本言語文化研究国際学術シンポジウム、2016)
・「日本の女性活躍推進策の現状と課題」(「日本與東協之安全保障」國際學術研討會、2015)
・「日本女性のキャリアブレイクに関する一考察-キャリアブレイクの分析枠組み構築に向けて-」(台湾日本語言文藝研究学会第15回定例学会、2015)
社会活動等
・鶴岡市男女共同参画推進懇談会委員(2020年3月~2021年3月)
・鶴岡市総合計画審議会企画専門委員会委員(2020年11月~2021年3月)
講演等
・「『働きがいのある職場』づくりの効果」(鶴岡高専技術振興会出前講座 荘内地区健康管理センター、2021)
・「女性が活躍する社会でより女性が輝くために」(山形県職員連合労働組合女性部講演会、2018)
・「すべての人が働きやすい職場づくり」(山形県最上総合支庁 人材育成推進・確保対策協議会主催 働きやすい職場づくり先進事例視察研修 意見交換会 事例発表、2018)
・「東北における女性活躍の課題と展望」(国立高専機構鶴岡工業高等専門学校地域連携センター・鶴岡高専技術振興会 2017市民サロン第3講、2017)
・「多様な働き方と女性活躍の実現 なぜ今女性活躍推進なのかを考えていきましょう」(庄内町 女性人材育成事業(椿ゼミナール)内閣府アドバイザリー講座、2017)
・「女性活躍推進の現状と課題」(鶴岡商工会「人材確保と女性活躍の経営戦略」セミナー、2018)
・「東北6県のえるぼし企業の女性活躍推進の達成状況と取組状況」(国立高専機構鶴岡工業高等専門学校・鶴岡高専技術振興会 第8回鶴岡高専産学合同研究発表会、2018)
所属学会
・日本経営学会
・組織学会
・現代経営研究学会
教員からの一言