こども学科

教員紹介

守 渉 もり わたる / Wataru Mori

所属学科:こども学科
職位:准教授
専門分野:幼児体育、教科教育学(保健科教育学、体育科教育学)

学歴
宮城教育大学大学院 教育学研究科
学位・資格等
●修士(教育学)
●中学校教諭専修免許(保健体育)
●高等学校教諭専修免許(保健体育)
●レクリエーションインストラクター
主な職歴
●仙台医療福祉専門学校(保育士養成課程)専任教員
●近畿大学豊岡短期大学通信教育部子ども学科非常勤講師
●東北福祉大学子ども科学部こども教育学科兼任講師
担当科目
●幼児と健康
●体育基礎
●体育実技
●保育内容(健康)
●保育内容の指導法(健康)
●教育実習Ⅰ
●基礎演習Ⅰ・Ⅱ
●保育実習Ⅰ(保育所)
●保育実習Ⅰ(施設)
●保育実習Ⅱ
●教育実習Ⅱ
●保育・教職実践演習(幼稚園)
研究テーマ
主要論文
●マット運動の授業づくりに関する一考察(2009,学校法人北杜学園付属医療福祉教育研究所実学教育研究第2集,1-16)
●幼児期におけるマット運動に関する研究(2010,学校法人北杜学園付属医療福祉教育研究所実学教育研究第3集,25-36)
●日本における幼児体育をめぐる現状と課題(守渉・久保健,2011,学校法人北杜学園付属医療福祉教育研究所実学教育研究第4集,1-14)
●保育者のリカレント教育における保育士養成校の役割について(相楽典子・小野瀬剛志・早坂正年・守渉・鈴木純子,2011,仙台青葉学院短期大学紀要第3巻第1号,89-98)
●身体能力を育む「からだの学習」の必要性について-からだを前に曲げる力、ものを持ち上げ、運ぶ力に着目して(守渉・久保健,2012,学校法人北杜学園付属医療福祉教育研究所実学教育研究第5集,1-14)
●学習指導要領の研究-新旧学習指導要領体育科の対比とその考察(小学校)(守渉・生野金三,2013,仙台青葉学院短期短期大学研究紀要青葉Seiyo第5巻第2号,121-139)
●幼児教育における戦後の実践記録の位置づけについて-保育における言葉・遊び・表現からの「口頭詩集ひなどり」「自由遊び」「伝えあいの絵画教室」の分析- (吉田雅昭・守渉・鈴木純子, 2015,仙台青葉学院短期大学研究紀要青葉Seiyo,第7巻第2号,107-123)
●保育雑誌を通じた終戦直後の保育実践の考察―領域「表現」「言葉」「健康」を中心に- (吉田雅昭・五十嵐雅子・守渉・鈴木純子・芳賀哲, 2016,仙台青葉学院短期大学研究紀要青葉Seiyo,第8巻第2号,69-86)
●マット運動の教材観の変遷に関する研究(2017,仙台青葉学院短期大学研究紀要青葉Seiyo,第9巻第2号,101-113)
●「戦後幼児教育・保育実践記録集」を用いた、戦後の保育実践に関する考察(五十嵐雅子・吉田雅昭・守渉・鈴木純子, 2018,仙台青葉学院短期大学研究紀要青葉Seiyo,第10巻第2号)
●戦後における保育計画と実践の諸相-『戦後幼児教育・保育実践記録集』を用いて-(五十嵐雅子・吉田雅昭・守渉・田中公一, 2019,仙台青葉学院短期大学研究紀要青葉Seiyo,第11巻第2号)
主な著書・翻訳
学会発表等
●保育者のリカレント教育における保育士養成校の役割-障がい児保育の視点から-(相楽典子・鈴木純子・早坂正年・小野瀬剛志・守渉,2010,全国保育士養成協議会第49回研究大会)
●保育実習における学生の自己評価のあり方について-学年による評価の差異に焦点を当てて-(早坂正年・相楽典子・鈴木純子・小野瀬剛志・守渉,2011,全国保育士養成協議会第50回研究大会)
●幼児期におけるマット運動に関する一考察(2014,日本体育学会第65回大会)
●幼児期における体育活動の現状と課題に関する研究(2015,日本体育学会第66回大会)
●「戦後幼児教育・保育実践記録集」を用いた、戦後の保育実践に関する考察(五十嵐雅子,吉田雅昭,守渉,鈴木純子,2018,日本保育学会第71回大会)
●戦後における保育計画と実践の諸相-『実践記録集』を用いて-(五十嵐雅子,吉田雅昭,守渉,田中公一,2019,日本保育学会第72回大会)
●幼児期におけるからだの学習に関する一考察(2019,日本体育学会第70回大会)
社会活動等
●八木山南児童館行事運営ボランティア
●日本保育学会第71回大会 「保育者の資質能力・保育者の専門職性」分科会 座長
講演等
●宮城県児童館連絡協議会主催児童館職員等研修会 「ゲーム・運動遊び」 講師
●宮城県保育士等キャリアアップ研修, 「幼児教育」, 講師,(2019‐)
●山元町つばめの杜保育所職員研修会(実技編)講師,(2019‐)
●山元町つばめの杜保育所保育士研修会 講師,(2019‐)
所属学会
●日本体育学会
●日本体育科教育学会
●日本保育学会
教員からの一言