ホーム  >  学科紹介  >  歯科衛生学科  >  科目紹介

歯科衛生学科 3年制 / 定員70名 / 男・女
DEPARTMENT OF DENTAL HYGIENE

科目紹介

  • 解剖学

    人体の形・構造とその成り立ちを学びます。全身の健康や病気について学ぶための基礎知識を身につけます。

  • 臨床検査法


    歯科衛生士として臨床検査の目的や検査内容の方法、手順を学び、全身疾患を持つ患者への歯科治療時の留意点を理解し、臨床の場において患者に対し説明を的確にできる知識と技術を養います。

  • 手話


    手話の特徴、言語体系や、「ろう者」の価値観、障害の特徴などを理解し、手話での簡単な挨拶や会話が出来るようになることを目標とします。

  • 英語 Ⅰ


    柔軟で論理的な思考力を養うとともに、社会生活を営む上で不可欠な言語能力とコミュニケーション能力を高めるため「読む」、「書く」、「聞く」、「話す」といった日常英会話の修得を目指します。

  • 歯科予防処置演習 Ⅰ
    (基礎知識・基本技術)


    歯・口腔の健康像と病的変化を把握し、う蝕と歯周病の予防法についての基礎知識を学び、歯・口腔の疾患を予防する技術を身につけます。

  • 保健指導論


    歯・口腔の基礎知識、口腔疾患の原因と予防方法の基礎知識を身につけ、ライフステージ別の特徴と対象者の口腔衛生指導方法や口腔清掃用具の選択方法を学びます。

  • 薬理学


    薬理学では薬物治療の目指すものや、副作用及び薬物の取り扱いと管理などを学びます。また、臨床で多く用いられる代表的な薬物を例にさまざまな疾病に対する治療薬について学びます。

  • 歯周療法学


    歯周疾患が全身状態に影響することが明らかとなり、歯周疾患の治療と予防のニーズはますます高まっています。歯科衛生士として治療と予防に積極的に参加介入するために、歯周疾患と歯周療法に関する基礎知識と診療補助技術を修得していきます。

  • 口腔生理学


    歯の痛みの感覚や、味覚などについて学びます。また、食物を噛んだり飲み込んだりする仕組みや、唾液の分泌についても学修していきます。

  • 歯科矯正学


    患者に対する矯正治療の必要性や、不正咬合によってもたらされる障害、矯正装置の口腔衛生に与える影響など、矯正治療の実際の把握と基礎的な知識を修得することを目的とし、歯科矯正学の診療補助の方法を学びます。

  • 審美歯科演習


    近年注目が集まっている歯のホワイトニング。歯の健康と美を考える審美歯科は多くの歯科医院で行われています。演習を通して使用する薬品や器材について正しく理解し、その効果やメリット・デメリットについて学びます。