歯科衛生学科

学生サポート

学内演習

本学科では、学内の充実した設備を利用し、1年次から3年次までさまざまな学内演習を行います。講義で身につけた知識をもとに、演習を通して技術を定着させていきます。

演習の中では、学生同士で3人組を作り、「術者」「補助者」「患者」の役を分担し、相互演習を行います。

迅速かつ適切な器材の操作方法や応対のマナーなど常に本番を意識しながら取り組みます。

演習開始前に講義を受け、演習内容の目的や留意点、器材の取り扱いの確認を行います。

学内演習科目

歯科予防処置法 / 保健指導演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ / 歯科診療補助演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ / 審美歯科演習 / 口腔リハビリテーション演習

etc...

臨地実習

臨地実習では、さまざまな臨床現場において、歯科衛生士としての役割や必要とされる知識・技術を学ぶとともに、歯科衛生士として求められる責任感、誠実性、積極性、協調性、判断力を培い、実践力を身につけます。また、実習を行う施設は、東北大学病院などの各病院、歯科医院、保育所、幼稚園、小学校、福祉施設などさまざまです。各実習施設の指導者の方々と綿密に連携をとりながら、学生一人ひとりの歯科衛生士としての自己形成を促します。

臨地実習のスケジュール

※フリックで横スクロールします

国家試験支援プログラム

歯科衛生士になるためには、国家試験に合格し、免許を取得する必要があります。本学科では3年間の学びの集大成である国家試験に向けてさまざまな対策を行っており、例年高い合格率を維持しています。

模擬試験

模擬試験を実施することにより、国家試験の傾向をつかみます。また、苦手科目を明確にすることで、より効果的な学修を繰り返し行い、合格へ向けて無理なくステップアップすることができます。

国家試験対策の授業

学生の理解度に応じたクラス別の国家試験対策授業を行います。指導経験豊富な教員のきめ細かい指導で確実に力をつけることができます。

歯科衛生研究法Ⅰ・Ⅱ総復習講義

それぞれの科目担当教員による3年間の総復習講義を行います。国家試験の出題範囲を網羅し、1、2年生で学んだ知識の確認をするとともに応用力をつけて弱点を克服します。国家試験の出題傾向を分析したうえで、重要ポイントを短期間で分かりやすく丁寧に指導します。

担任制

本学科は担任制を導入しています。これまでの授業の理解度を含め、模擬試験の各個人の成績をもとに、担任の教員が学生一人ひとりの状況を把握し、個々にアドバイスを行っています。

就職サポート

就職率100% ※2018年3月卒業生実績

本学科では、学生総合支援センターのスタッフだけでなく、臨床経験豊かな教員たちが学生の就職サポートを行います。日々学生と近い距離にいる教員ならではのアドバイスやサポートにより、学生たちは意欲的に就職活動に取り組むことができます。

STEP1

求職票を提出。希望勤務地を確認し、就職活動に向けた準備を行います。

STEP2

就職ガイダンスで求人票の見方や採用試験の流れについての説明を行います。

STEP3

個別面接対策や就職試験対策など一人ひとりに合わせたきめ細かい指導を行います。

就職率100% ※2018年3月卒業生実績

2019年度求人件数

  求人件数 求人数
歯科衛生学科 456件 845人

※2020年2月時点の内容です。