言語聴覚学科

教員紹介

渡邊 弘人 わたなべ ひろと / Hiroto Watanabe

所属学科:言語聴覚学科
職位:講師
専門分野:耳鼻咽喉科領域/聴覚障害/嚥下障害

学歴
●東北学院大学経済学部経済学科 卒業
●仙台医療福祉専門学校言語聴覚学科 卒業
●仙台大学大学院スポーツ科学研究科 修士課程修了
学位・資格等
●学士(経済学)
●修士(スポーツ科学)
●言語聴覚士
●日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
●日本咀嚼学会健康咀嚼指導士
主な職歴
●医療法人財団明理会西仙台病院リハビリテーション科
●社会福祉法人千宏会介護老人保健施設庭の里 リハビリ園芸療法課
●仙台医療福祉専門学校言語聴覚学科 
担当科目
●聴覚系の構造・機能・病態
●成人・小児の聴覚障害
●言語聴覚障害の基礎
●聴力検査
●地域リハビリテーション論
●リハビリテーション論
●言語聴覚障害診断学
●言語聴覚障害総論
●言語聴覚障害臨床応用
●補聴器・人工内耳
●聴覚障害学総論
●音と聴力
●聴覚心理学
●心理学系総論
●補綴・舗装具論
研究テーマ
●応用健康科学
●リハビリテーション科学
●福祉工学
主要論文
●地域在住一般高齢者における嚥下機能訓練プログラムの実践研究:『嚥下おでこ体操』の介入効果の判定 渡邊弘人 仙台大学大学院修士論文集21 133-142 
●社会人経験者と社会人未経験者で臨床実習評価における違いについての考察 渡邊弘人 櫻庭ゆかり 須賀川芳夫 坂本英世 リハビリテーション教育研究21 68-69
●介護老人保健施設に今後求められることと、そこでの言語聴覚士の役割について 渡邊弘人 学校法人北杜学園付属医療福祉教育研究所「実学研究」4 65-73
主な著書・翻訳
学会発表等
社会人経験者と社会人未経験者で臨床実習評価における違いについての考察 全国リハビリテーション学校協会教員研修会 2017 3
社会活動等
●栗原市立栗原中央病院リハビリテーション科 非常勤言語聴覚士
●医療法人本多友愛会仙南病院リハビリテーション科 非常勤言語聴覚士
●社会福祉法人千宏会介護老人保健施設庭の里 リハビリ園芸療法課  非常勤言語聴覚士
●東北学院大学教養学部言語文化学科 非常勤講師
●仙台白百合女子大学人間学部健康栄養学科 非常勤講師
●宮城高等歯科衛生士学院 非常勤講師
講演等
●宮城県介護研修センター 2012-2016 「高齢者の摂食嚥下と食事介助の留意点」
●宮城県北部保健センター 2013.12  「食事ケアについて考える」
●仙台市キャリアアップ支援研修会 2009.12 「高齢者の摂食と嚥下」
●スミセイさわやか介護センミナー 2017.2 「認知症と摂食嚥下障害」
●岩手県言語聴覚士会県南ブロック研修会 講師 2015.9 「頸部聴診による評価の実際、咀嚼運動が嚥下に及ぼす影響」
●仙台市障害者健康指導教室 講師 2019.1 「嚥下機能を低下させない生活について」
所属学会
●日本摂食嚥下リハビリテーション学会
●日本咀嚼学会
●日本言語聴覚士協会
●宮城県言語聴覚士会
●日本介護予防・健康づくり学会
教員からの一言
積小為大を目指しましょう!(二宮金次郎)