成澤 広幸なるさわ ひろゆき / Hiroyuki Narusawa

所属学科 : 観光ビジネス学科

職位 : 学科長・教授

専門分野 : 観光学

学歴 広島大学大学院文学研究科博士課程後期フランス文学専攻単位修得退学
学位・資格等 文学修士
担当科目 ●日本語表現法
●大学生活論
●観光概論
●基礎ゼミ
●総合演習Ⅰ
●国際観光論
●総合演習Ⅱ
●フランス語会話
●観光ビジネス論
●観光ビジネス実務総論
●地域観光論
●観光史と観光文化
ビジネスキャリア学科:
●フランス語
研究テーマ ●観光文化
●観光史
●フランス観光
●ソーシャル・ツーリズム
主要論文 ●「フランスの観光統計について」、『研究紀要 青葉』第1巻第1号、2010年1月。
●「フランスの観光資格について」、『研究紀要 青葉』第1巻第1号、2010年1月。
●「観光福祉論構築へのアプローチ」、『総合観光研究』第5号、総合観光学会、2005年11月。
●「観光文化と近代温泉療養」、『宮崎産業経営大学経済学論集』第13巻第1号、2004年11月。
●「ヨーロッパの河川観光と地域開発」(共著)、『宮城大学事業構想学部紀要』第6号、2004年3月。
●「紀行文学の地平」、『宮崎産業経営大学経済学論集』第12巻第2号、2004年3月。
●「フランスの河川観光」、『宮崎産業経営大学経済学論集』第11巻第2号、2003年3月。
●「フランスの観光文化における田園滞在の起源」、『日本観光学会誌』第41号、日本観光学会、2002年12月。
●「観光文化と模倣についての一考察」、『日本観光学会誌』第40号、日本観光学会、2002年6月。
●「フランスのソーシャル・ツーリズムについて」、『日本観光学会誌』第39号、日本観光学会、2001年12月。
●「ノルマンディー海岸における海水浴観光の誕生と拡大」、『宮崎産業経営大学経済学論集』第10巻第1号、2001年10月。
●「戦後フランスの観光政策について」、『日本観光学会誌』第38号、日本観光学会、2001年6月。
●「フランスの温泉療養リゾート沿革」、『宮崎産業経営大学経済学論集』第9巻第1号、2000年10月。
●「現代フランスのソーシャル・ツーリズム」、『宮崎産業経営大学経済学論集』第8巻第2号、2000年3月。
●「ソーシャル・ツーリズムの成立と展開」、『宮崎産業経営大学経済学論集』第8巻第1号、1999年10月。
主な著書・翻訳 ●【著書】『現代社会とツーリズム』(共著)、東海大学出版会、2001年10月。
●【著書】『グリーン・ツーリズムの潮流』(共著)、東海大学出版会、2000年4月。
●【著書】『Index général de la Correspondance de Marcel Proust』(共著)、京都大学学術出版会、1998年10月。
●【翻訳】ランジュニュー=ヴィヤール『フランスの温泉リゾート』、<文庫クセジュ>、白水社、2006年11月。
●【翻訳】マルク・ボワイエ『観光のラビリンス』、法政大学出版局、2006年9月。
学会発表等 ●「障害者の観光活動 フランスの現状」、日本観光学会第96回全国大会、2007年11月。
●「フランスの観光職業資格について」、日本観光学会第93回全国大会、2006年6月。
●「観光福祉論構築へのアプローチ」、日本観光学会第90回全国大会、2004年11月。
●「フランスの河川観光と地域開発」、総合観光学会第5回全国大会、2003年11月。
●「フランスにおける田園滞在の起源について」、日本観光学会第85回全国大会、2002年6月。
●「フランスの観光協会について」、総合観光学会第2回全国大会、2002年6月。
●「ボワイエ・モデルによる観光伝播の一考察」、日本観光学会第84回全国大会、2001年11月。
●「フランスのソーシャル・ツーリズムについて」、日本観光学会第83回全国大会、2001年6月。
●「戦後フランスの観光政策について」、日本観光学会第82回全国大会、2000年12月。
所属学会 ●日本観光学会
●日本観光研究学会