看護学科

専門領域紹介・科目紹介・カリキュラム

専門領域紹介

高齢社会を迎え、訪問看護施設などが増加する今、看護師の活躍の場はますます広がっています。成人、老年、小児、在宅など各専門領域についてしっかりと学ぶことは、将来看護師として活躍したい領域について考える機会にもなります。看護学科では以下の全ての専門領域で実習を行います。

基礎看護学領域

「看護の概念と役割」、「看護の対象」、「健康」などの看護に関する重要な考えや看護を実践する能力を養うために必要な「基本的な看護技術」や「看護過程」について学びます。

成人看護学領域

成人慢性期および急性期特有の健康問題をもつ患者・家族に対し、成長、発達、適応の可能性を最大限に引き出すための看護の知識と技術について学びます。

母性看護学領域

女性のライフサイクルの身体的・精神的・社会的特徴について理解し、妊娠・分娩・産褥・新生児各期の対象に対して必要な看護を行うための知識と技術を学びます。

小児看護学領域

健康な子どもの心身の成長発達を理解し、そのうえで健康にしょうがいのある小児について学びます。子どもと子どもを取り巻く環境を理解したうえで看護を行うための知識と技術を学修します。

精神看護学領域

メンタルヘルスの概念を広くとらえて学修するとともに、それらの知識を活用して自分自身のメンタルヘルスについて洞察します。精神的健康問題をもつ人を理解し、その援助方法について学びます。

老年看護学領域

老年期の特徴や健康上・生活上の問題と特性を理解し、尊厳を保ちつつその人らしい生活ができるよう支援するための知識や技術を学びます。

在宅看護論

在宅看護の概念、対象、方法の特徴および課題について学びます。さらに、在宅看護を行っていくうえでの在宅看護過程、ケアマネジメントの概念および特徴的な疾病・障害とそのケア方法、医療施設との相違点などについて学びます。

科目紹介

看護学原論

看護を学ぶ者の最初の入り口として、看護の本質や専門性・独自性、看護の機能・役割、主要な看護理論について学びます。看護の歴史的変遷を学修し、現代看護を取り巻く状況やチーム医療の中での看護職の役割について理解を深めます。

成人看護学概論

成人期の特徴や発達課題を理解し、社会生活の中で健康を育む看護や、看護者と患者の相互関係や行動科学的アプローチについて学び、看護に応用する能力を養います。

母性看護学概論

母性看護の基盤である母性の概念と母性看護の意義・特性を理解します。また母性看護の現状と動向を知り、女性のライフサイクルにおける思春期、成熟期、更年期、老年期の母性看護のあり方を学びます。

小児看護学概論

子どもを取り巻く環境が刻々と変化している社会状況を捉えながら、子どもの健康と環境がどのように関わっているかを理解し、小児看護の実践のために必要な基礎的知識を学びます。

精神看護学概論

精神看護学の基盤となるメンタルヘルスの概念を理解するため、精神医療・看護の歴史と法律について学びます。さらに社会的状況や環境との関係を理解し、メンタルヘルスの問題について知識を深めます。

老年看護学概論

加齢に伴う心身及び社会的変化と、高齢者にまつわるさまざまな問題や社会の仕組みについて、医療・福祉の視点から看護者の役割を総合的に理解していきます。

在宅看護概論

地域で生活しながら療養する人々とその家族を理解し、在宅看護の目的、基本理念、対象論、臨床看護とは異なる特徴、在宅看護が必要とされている社会的背景の変遷、家族看護の意味を学びます。

災害看護

災害看護の概要を学ぶとともに、東日本大震災の被災県として、災害の発生に備えて実践的対応が必要となることを理解し、地域と密着した形で災害発生時に対応できる看護者としての心構えを演習を通して学びます。

2020年度 カリキュラム

学びのポイント

POINT 01

講義と実習をつなげる演習の充実

POINT 02

確かな実践力を身につけるための実習体制

POINT 03

人間関係力など、看護職としてのキャリア形成の基盤づくり