リハビリテーション学科

科目紹介・カリキュラム

科目紹介

理学療法学専攻理学療法学専攻 作業療法学専攻作業療法学専攻

臨床心理学

  • 理学療法学専攻
  • 作業療法学専攻

心理学の知識と技術を用いて心の不適応な状態、病的状態への支援を学びます。理学療法士・作業療法士として患者と関わる中で、患者の心理を理解し、心理的適応援助につながる知識を身につけます。

運動学演習

  • 理学療法学専攻
  • 作業療法学専攻

正常な人間の動きを理解することは、臨床現場で正確な運動・動作分析を行うために不可欠です。姿勢や歩行などの基本動作や運動の観察と分析を通して知識を深めます。

解剖学演習

  • 理学療法学専攻
  • 作業療法学専攻

人体の構造と機能を理解する医学の基礎を学びます。臓器と骨格の位置関係を学び、理学療法・作業療法における検査、測定、治療を実施するにあたり、さまざまな身体組織の触診を行える技術を養います。

小児科学

  • 理学療法学専攻
  • 作業療法学専攻

小児疾患の原因・病態と、小児の受胎から思春期に至る身体、言語、精神の成長発達段階を学び、小児の特徴及び疾患について理解します。理学療法士・作業療法士として小児のリハビリテーションに応用して実践できるよう目指していきます。

物理療法学

  • 理学療法学専攻

光・熱・水・電気・機械的な力などの物理的エネルギーを治療に応用するために、各治療法の身体に及ぼす効果について学び、さらに疾患や障害に適した治療法を選択できる能力を身につけます。

精神機能作業療法評価学実習

  • 作業療法学専攻

作業療法の対象となる感情障害などの精神疾患について、回復過程と各過程における作業療法の役割を学びます。各疾患の生活障害の特性を十分に理解したうえで、グループワークやディスカッションを通してさらに具体的な治療・援助の計画立案や評価の方法を身につけていきます。

2020年度 
理学療法学専攻カリキュラム

2020年度 
作業療法学専攻カリキュラム

学びのポイント

POINT 01

多彩なカリキュラム構成で専門知識と確かな技術を磨く

POINT 02

LMS(学修管理システム)を利用した学修環境で効率アップ

POINT 03

学外臨床実習前後に学内でグループワークや模擬実習を実施し教員が学生一人ひとりにしっかりフィードバック