坂上 尚穗さかがみ ひさお / Hisao Sakagami

所属学科 : リハビリテーション学科

職位 : 講師

専門分野 : 理学療法学/基本動作・身体運動学

学歴 ●東北大学大学院医学系研究科博士前期課程修了
●北海学園大学法学部 卒業
●北海道医療技術短期大学部 卒業
学位・資格等 ●修士(障害科学)
●学士(法学)
●理学療法士
主な職歴 ●国立療養所札幌南病院理学診療科
●専門学校日本福祉リハビリテーション学院(北海道恵庭市)
●医療法人社団赤石会赤石病院 主任理学療法士(塩釜市)
●仙台社会保険病院リハビリテーション部技師長
担当科目 ●基礎運動学Ⅱ
●運動学演習
●神経筋疾患系理学療法学
●内部障害系理学療法学
●専門展開科目特別演習
研究テーマ ●起き上がり動作の特徴
●腹部術後の起き上がり動作時疼痛抑制
●足部の性質と靴の履き方
主要論文 ●「床からの立ち上がり動作の運動分析」(修士論文)東北大学
●臨床期間と歩行障害および転倒との関係-足関節背屈可動域制限が与える影響について-、研究紀要青葉(5),pp-57-61,2014
●代謝障害を合併した患者の日常のリスク管理,理学療法のあゆみ(26),,pp43-45,2015
●起き上がり動作の呼吸運動分析-予備的研究,研究紀要青葉(8),,pp33-38,2016
学会発表等 ●静的および動的バランス検査システムの信頼性に関する検討,第20回日本理学療法学術大会(東京) 1995年
●健常高齢者の基本動作能力について,第36回日本理学療法学術大会(広島) 2001年
●仙腸関節前方固定術後の理学療法の現状,第43回日本理学療法学術大会(福岡) 2008年
●座位困難を呈する仙腸関節障害症例に対する対応策,第48回日本社会保険学会総会(札幌),2010年
●腹部術後(腎生検)における起き上がり動作時の術創部の疼痛軽減-呼吸運動の効果-,第47回日本理学療法学術大会(神戸) 2012年
●下腿切断後、断端に仮骨形成され歩行困難となった一症例,第30回東北理学療法学会(青森) 2012年
●腹部術後(腎生検)における起き上がり動作時の術創部の疼痛軽減-呼吸運動の効果-,第48回日本理学療法学術大会(名古屋) 2013年
●股関節屈曲角度が足関節背屈可動域に与える影響,第33回東北理学療法学会(仙台) 2015年
●起き上がり動作における呼吸運動分析-動作開始時に着目して,第51回日本理学療法学術大会(札幌) 2016年
●高齢者の起き上がり動作における呼吸運動分析-動作開始時に着目して,第52回日本理学療法学術大会(幕張) 2017年
社会貢献活動 ●宮城県理学療法士会学術局専門領域研究部部長(2005~)
●日本基礎理学療法学会の文化学会広報部員
所属学会 ●日本理学療法士協会
●理学療法科学学会
●臨床歩行分析研究会
教員からの一言 自信を持って仕事できるよう、一緒に鍛えましょう。そして人を笑顔に。