加藤 勝行かとう かつゆき / katsuyuki Kato

所属学科 : リハビリテーション学科

職位 : 教授

専門分野 : 人間医工学、健康・スポーツ科学、地域理学療法

学歴 ●法政大学文学部卒業
●東京衛生学園専門学校 東洋医学科卒業
●埼玉医科大学短期大学部理学療法学科卒業
●国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科理学療法学分野保健医療学連動・動作学専攻修士課程修了
●国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科理学療法学分野保健医療学連動・動作学専攻博士課程修了
学位・資格等 ●博士(保健医療学)
●修士(保健医療学)
●文学士
●準学士(理学療法学)
●専門士
●介護支援専門員
●健康運動指導士
●三学会合同呼吸療法認定士
●PNF国際認定講習
●メイトランド(マニピュレーション)国際認定(クイーンズランド大学にて)講習
●パリス(マニピュレーション)徒手療法国際認定講習
●按摩・マッサージ・指圧師取得
●鍼師・灸師取得
●理学療法士取得
主な職歴 ●森山病院(現東京脳神経センター病院)リハビリテーション部
●原田病院リハビリテーション科科長
●埼玉県理学療法士会選挙管理委員長,ブロック幹事
●日本理学療法士学術大会(埼玉)学術部査読審査委員科長
●埼玉県理学療法士会学術大会実行委員長補佐
●埼玉県地域リハビリテーション研修会実行委員長
●関東リハビリテーション専門学校理学療法学科学科長
●RT新人教育プログラム講師、埼玉医科大学短期大学部外部講師
●秋草短期大学外部講師、健康運動指導士埼玉県支部理事・講師
●朝日医療大学校理学療法学科学科長、世界理学療法士学会(横浜)IAAPT担当委員
担当科目 ●基礎運動学Ⅱ
●運動療法基礎理論
●筋・骨格系理学療法学
●筋・骨格系理学療法学演習
●専門展開科目特別演習
研究テーマ ●運動器スポーツ理学療法の効果
●スポーツクライミング
●地域リハビリテーション
●加齢と健康
●運動動作(人間工学)
●中枢系理学療法技術と効果
主要論文 ●介助用具の必要性に関する検討-試作介助用ベルトを用いて-
●関節運動分類から見たPNFの短期的持続効果-特殊技術を用いた単純運動からの検討-
●関節運動分類から見たPNFの短期的持続効果-特殊技術を用いた反復運動からの検討-
●関節運動分類から見たPNFの短期的持続効果-特殊技術を用いた複合運動からの検討-
●クライミング愛好家におけるスポーツ傷害の実態~意識調査から~
●スポーツクライミングにおける傷害調査~発生環境における検討~
●健常者の端坐位からの立ち上がり動作時に必要な体幹の前傾角及び下肢の内転角度について
●ホットパックを用いた温熱療法からの検討-湿熱と乾熱
●A study on the lasting effects of PNF stretching in terms of reaction time
●ペントグラム指数による脳卒中患者膝関節屈伸筋の筋緊張評価
●On the necessity of practicalathlete education as seen from learning effect
●Promoted stretch technique Research on usefulness to reaction time
●Report on Accompanying the japan Climbing National Team to the Asian Championships
他;(過去5年 単著;他)
主な著書・翻訳 【著書】
●理学療法臨床実習サブノート:文光堂(編著)
●クライマーズ・ボディ(CLIMBERS BODY)(協力)
●クライマーズトレーニングハンドブック(協力)

【雑誌】
●「Tarzan」-ゴッドハンドたちのスキルで回復-
●「女性自身」シリーズ人間-小林完吾半身マヒからの報告-
●「ばんぶう」-リハビリは進化する:PNF法-
●「いきいき」-首の痛みを治す;PNFストレッチ-
●「いきいき」-変形性膝関節症-膝の痛みを防ぐ-
●「ロック&スノー」-障害を防ぐ-2年連載(8巻)
●「ロック&スノー」-ホールディングを考える-
学会発表等 ●パフォーマンス向上を目指すフリークライマーへの介入とメディカルサポート
クライミング競技へのPT介入~ヨセミテ国立公園エルキャピタン・ノーズ壁へのスピードアッセント~
●座位と背臥位の姿勢から見た運動療法の経時的効果
●今後のクライミング競技における選手強化について
●座位と背臥位の姿勢から見た運動療法の経時的効果
●The need for learning enhancements to athletes climber
●傷害調査によるスポーツクライミング傷害発生要因の検討
●Report on Accompanying the Japan Climbing National Team to the Asian Championships in Korea
●クライマーのスキンケアに対する意識調査報告
●スポーツクライミングによる中節骨骨端障害の検討
●The Assessment of Muscle Tone of Hemiplegic Knee Flexor and Extensor of Stroke Patients By Pendulum Index
●臨床実習満足度に影響する因子の調査
●促通ストレッチ技術による反応時間への有用性について ~SC競技選手へのPNFストレッチの介入から~
●アスリートクライマーへの学習強化の必要性について
(過去5年単独;他)
社会貢献活動 【研究教育に関わる実践活動】:(海外)W-cup・世界選手権帯同、(国内)国体帯同
○海外(米国)○海外(韓国)○海外(ドイツ)○国内(富山県)○海外(台湾)○国内(佐賀県)○海外(スペイン)○国内(埼玉県)○海外(米国)○国内(埼玉県)○海外(中国)○海外(韓国)○国内(千葉県)○海外(韓国)○海外(中国)○国内(千葉県)○国内(福島県)○海外(イタリア)○国内(山口県)○海外(フランス)○国内(岐阜県)○国内(東京都)○国内(東京都)○国内(静岡県)○国内(長崎県)○国内(千葉県)○国内(岡山県)○国内(鳥取県)○海外(中国)○国内(和歌山県)○国内(岩手)○海外(中国)○国内(群馬県)○国内(愛媛県)○国内(東京都)○国内(富山県)○海外(スペイン)○国内(埼玉県)
●「生活ホットモーニング」元日本テレビアナウンサー小林完吾氏のリハビリで出演協力,公放NHK
●「ワイドスクランブル」元日本テレビアナウンサー小林完吾氏のリハビリで出演協力,民放朝日テレビ
●「NEWS ZERO」プロクライマー平山ユージ氏のヨセミテ国立公園世界最難登擧エルニーニョ壁への挑戦,挑戦前から現地での完登に至るまでの記録収録でコンディショニングトレーナーとして協力出演
●民放日本テレビ「情熱大陸」日本女子初の世界チャンプ選手の挑戦においてコンディショニング担当として出演協力
●アスリート魂;日本代表女子クライマー野口啓代大会前後でのコンディショニング&ケアへの取材協力;公放NHK
●「日本人クライマー 世界最高の戦い」コンディショニングにおける取材協力,公放NHK:BS
●「W-cupスポーツクライミング加須大会の日本人チーム」直前ケアへの取材協力、公放NHK:宇都宮【DVD】
●「LEDGE TO LEDGE YUJI HIRAYAMA」
●「HOW TO クライミングインドア編」
●「TO THE LEDGE YUJI HIRAYAMA」
●「不朽神話2平山ユージ」
●「日本女子初世界ボルダリングV2」
●実用新案「リハビリ用セルフケアベルト」㈱セルフケアインク
講演等 ●JFA主催:第8回ゴールデンアスリート「コンディショニングの大切さを知る」(相模原)にて講演
●日本フリークライミング協会主催クライマーズフェスティバル(川上村文化センター)講師(内容:コンディショニング・ケア)
●日本山岳協会第一回視力障害者クライミング競技大会(佐賀県)にて講演
●スポーツクライミング世界選手権競技大会アルコ大会(イタリア)帯同しオーストリアチーム合宿で講演
●山口国体において競技後、各県チームトレーナーにナショナルチームトレーナーとして講演
●岐阜国体において各県チームトレーナーにナショナルチーム・ブラインドチームのトレーナーとして講演
●JMAにおけるJISS(国立スポーツ科学研究所)にてクライマーへの条件を講義講演
●埼玉県高校体育連盟山岳部門指導者講習会(クライミング編)講演
●東京都高校体育連盟山岳部門指導者講習会(クライミング編)講演
●東京国体において他県チームトレーナーにナショナルチームトレーナーとして必要条件について講演
●鳥取県倉吉市日本ユースクライミング協議会「成長期でのクライミング障害」選手・監督に向けて相談会
●いわて国体にて山岳競技(茨城県帯同);トレーナーディスカッション座長公演
●「アスリートクライマーへの調整術」North Face cup決勝大会特別講座、医療班、Climb Park Base Camp㈱ゴールドウィン
●「金華山震災復興支援:宝島PROJECT」NPO法人first acsent japan;支援;宮城県山岳連盟、石巻市
●「日本代表、国体選手を診ている代表トレーナー陣ディベート」:主催;日本クライミング医科学研究会
● North Face cup2018決勝大会特別講座、医療班、Climb Park Base Camp(株)ゴールドウィン
(過去5年実績)
所属学会 ●日本BBS会(法務省管轄)
●NSCA(USA)会員
●日本理学療養士会
●IAAPT協会
●日本臨床スポーツ医学会
●日本PNF協会
●理学療法科学学会
●日本オリンピック組織委員会
●日本山岳スポーツクライミング協会
●日本フリークライミング協会
●日本スポーツクライミング医科学研究会
●日本陸水学会
●日本鍼灸師会
●日本マッサージ師会
教員からの一言 驕らず、研鑽を忘れない人生を