大和田 宏美おおわだ ひろみ / Hiromi Owada

所属学科 : リハビリテーション学科

職位 : 理学療法学専攻長・副学科長・教授

専門分野 : 中枢神経系理学療法学、内部障害系理学療法学、解剖学、介護予防

学歴 東北大学大学院医学系研究科障害科学専攻運動機能再建学分野前期・後期博士課程修了
学位・資格等 ●学士(保健衛生学、教養)
●修士(障害科学)
●博士(障害科学)
●理学療法士
●専門理学療法士(基礎理学療法)
●呼吸療法認定士
●心臓リハビリテーション指導士
●介護支援専門員
●福祉住環境コーディネーター(2級)
●成人ボバースアプローチ認定基礎講習会修了
●地域包括ケア推進リーダー
●介護予防推進リーダー
主な職歴 ●加賀八幡温泉病院(現:やわたメディカルセンター)リハビリテーション技術部
●東北大学大学院生命科学研究科脳機能解析分野科学技術振興財団(JST,CRTST)研究員
●広南会広南病院理学療法科
●学校法人 昇陽学院 YICリハビリテーション大学校理学療法学科
●学校法人 北杜健勝学園 新潟リハビリテーション大学大学院リハビリテーション研究科
担当科目 ●解剖学Ⅰ
●理学療法基礎評価学Ⅱ
●内部障害系理学療法学
●内部障害系理学療法学演習
研究テーマ ●研究テーマ:運動による脳の可塑性に関する研究
●研究テーマ:地域高齢者の介護予防に関する研究
●2018年度 Seiyo-USR研究事業採択
 「健康増進サポート市民公開講座」
●2018年度 学長裁量研究費:特別奨励研究
 「臨床実習におけるルーブリック評価に関するアンケート調査」
●2016年度 学長裁量研究費:特別奨励研究
 「地域在住高齢者の運動機能評価および生活活動量に関する調査」
●平成24~25年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金):奨励研究
 「ラット脳虚血モデルにおける神経幹細胞活性化への運動負荷の関与」
●平成23年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金):奨励研究
 「横隔膜損傷の定量的評価をめざした血清バイオマーカーの検索」
主要論文 ●理学療法・作業療法学生に対する人体解剖見学実習の導入に伴う教育効果について
研究紀要青葉 Seiyo 第9巻 第2号 pp69-75, 2017.
●アクティブラーニングを導入した解剖学講義が短大新入生の学習習慣に及ぼす影響
研究紀要青葉 Seiyo 第9巻 第2号 pp91-97, 2017.
●トレッドミル走行運動を用いたラットの運動負荷量の検討
研究紀要青葉 Seiyo 第7巻 第1号 pp41-45, 2015.
●Noradrenergic excitation of a subpopulation of GABAergic cells in the basolateral amygdala via both activation of nonselective cationic conductance and suppression of resting K(+) conductance:A study using glutamate decarboxylase 67-green fluorescent protein knock-in mice. Neuroscience. Dec 10;157(4):781-797.2008.
●Traial of Musicokinetic Therapy for Traumatic Patients with Prolonged Disturbance of Consciousness:Two Case Reports. The Society for Treatment of Coma, Proceedings of the 12th Annual Meeting of the Society for Treatment of Coma, p121-126, Vol.12,2003,Tokyo.
●Localization of mRNAs for novel, atypical as well as conventional protein kinase C(PKC)isoforms in the brain of developing and mature rats. Journal of Molecular Neuroscience. Oct,15(2):125-35.2000.
●痙性対麻痺に有効であった表面電極を用いた治療的電気刺激療法 -三次元歩行解析装置による検討-神経治療学,16(3),pp375-380,1999.
●Long-term effects of therapeutic electrical stimulation for ALS patients. The 8th IRMA kyoto.pp1139-1141,1997.
学会発表等 ●東日本大震災被災地域在住高齢者のサルコペニアと運動機能に関する調査
第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会, 3KP-17-,1, 2018.11.2-4, 仙台.
●被災地在住高齢者における地域生活のひろがりとQOLに関する調査
第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会, 3KP-17-2, 2018.11.2-4, 仙台.
●被災地域のサロン活動に参加している高齢者の生活活動量とサルコペニアに関する調査
第5回日本地域理学療法学会学術大会, P-096, 2018.12.8-9, 横浜.
●地域在住高齢者を対象とした生活範囲と運動機能の違いとその関連性について
第52回日本理学療法学術大会 2017.5.12-14, 千葉.
●実習前OSCEの導入による臨床実習前後での社会人基礎力の獲得について
第52回日本理学療法学術大会 2017.5.12-14, 千葉.
●解剖学の講義にアクティブ・ラーニングを導入した学生の学習効果 
第52回日本理学療法学術大会 2017.5.12-14, 千葉.
●実習系講義へのインターネットを利用した反転授業の試み ~You Tube限定公開を利用して~
第30回教育研究大会・教員研修会 P161,2017.8.31-9.1,新潟.
●アクティブラーニングを導入した科目における自己学習時間と授業満足度に関する調査
第30回教育研究大会・教員研修会 P122,2017.8.31-9.1,新潟.
●臨床実習の違いが社会人基礎力に及ぼす効果について
第30回教育研究大会・教員研修会 P99,2017.8.31-9.1,新潟.
●通所リハビリテーション利用者における生活機能および栄養状態と嚥下機能に関する調査.
リハビリテーション・ケア合同研究大会 久留米2017, P24-01、10.19-21.
●東日本大震災被災地域の高齢者におけるサルコペニアに関する調査 ~震災後5年が経過して~
リハビリテーション・ケア合同研究大会 久留米2017, P24-02, 10.19-21.
●ADL評価(FIM)導入に向けた取り組みについて ~再現性を高めるための動画教育~
リハビリテーション・ケア合同研究大会 久留米2017, P21-01, 10.19-21.
●仙骨部褥瘡がある症例に対し体圧分散目的でロホクッションを使用し改善を認めた例
リハビリテーション・ケア合同研究大会 久留米2017, O48-03, 10.19-21.
●サロン活動に参加している地域高齢者の運動機能および栄養機能評価に関する調査
第7回日本リハビリテーション栄養研究会 P56, 2017.11.25.仙台.
●高齢入院患者における栄養状態および誤嚥リスクに関する調査
第7回日本リハビリテーション栄養研究会、P05,2017.11.25.仙台.
●通所リハビリテーション利用者におけるE-SASを用いた介護予防の取り組み
リハビリテーション・ケア合同研究大会 茨城2016, O69-1, 10.27-29.
●下位胸髄損傷による完全対麻痺患者に対するPrime Walkを用いた1考察
リハビリテーション・ケア合同研究大会 茨城2016, P59-1, 10.27-29.
●当院における車椅子管理の取り組み~管理体制構築後のアンケート調査を受けて~
リハビリテーション・ケア合同研究大会 茨城2016, P66-2, 10.27-29.
●臨床実習前後での社会経験学生と社会経験のない学生における社会人基礎力の比較検討
第51回日本理学療法学術大会  2016. 5.27-29.札幌.
●応急仮設住宅居住高齢者の身体活動量と運動機能およびQOLに関する調査 
第51回日本理学療法学術大会 2016. 5.27-29.札幌.
●当院における弁膜症術後患者の入院期間に影響する因子の検討
第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 2016.7.16-17.東京.
●弁膜症術後の歩行自立遅延に影響する因子の検討
第25回山口県理学療法士学会 pp40-41, 2015.11.22, 山口.
●地域在住の要支援・要介護高齢者における運動機能および生活機能評価について―ESASを用いた介護予防の取り組みー 長北医学会 11月, 2015, 山口.
●地域在住の呼吸器疾患患者における呼吸リハビリテーション導入の効果について ―LINQによる評価から― リハビリテーション・ケア合同研究大会 神戸2015, P9-1、2015.10.1-3.
●地域在住高齢者における運動機能や生活範囲およびADLがQOLに及ぼす影響
第50回日本理学療法学術大会 2015.6.5-7. 東京.
●その他
社会貢献活動 ●第24回 日本基礎理学療法学会学術大会 演題査読委員
●第23回 日本基礎理学療法学会学術大会 演題査読委員
●第52回 日本理学療法士学術集会 演題査読委員
●第51回 日本理学療法士学術集会 演題査読委員
●第50回 日本理学療法士学術集会 演題査読委員
●第49回 日本理学療法士学術集会 演題査読委員
●第48回 日本理学療法士学術集会 演題査読委員
●第47回 日本理学療法士学術集会 演題査読委員・ポスターセッション座長
●第46回 日本理学療法士学術集会 演題査読委員・ポスターセッション座長
●第45回 日本理学療法士学術集会 演題査読委員
●第19回 山口県理学療法士学会準備委員、演題査読委員
講演等 ●平成29年度 「南相馬市介護予防サポーター合同研修会」講師
●平成29年度 市民公開講座2018 南相馬市立総合病院 講師
●平成28年度 「南相馬市介護予防サポーター合同研修会」講師
●その他
所属学会 ●日本理学療法士協会
●日本心臓リハビリテーション学会
●日本理学療法科学学会
●日本ボバース研究会
●日本ヘルスプロモーション理学療法学会
●日本リハビリテーション医学会
教員からの一言 一人でも多くの患者さまに信頼される理学療法士を目指して頑張りましょう。