仙台青葉学院短期大学

MENU

過去問・学校案内請求
イベント申し込み

リハビリテーション学科

教員紹介

宮本 浩樹 みやもと ひろき / Hiroki Miyamoto

所属学科:リハビリテーション学科
職位:講師
専門分野:バイオメカニクス/解剖学/運動器理学療法学

学歴
●札幌医科大学大学院 保健医療学研究科 博士課程後期 修了
(生体工学・スポーツ整形外科学分野)
●札幌医科大学大学院 保健医療学研究科 博士課程前期 修了
(生体工学分野)
●人間総合科学大学 人間科学部 人間科学科 卒業
●日本福祉リハビリテーション学院(現:日本医療大学) 理学療法学科 卒業
学位・資格等
●博士(理学療法学)
●修士(理学療法学)
●学士(人間科学)
●高度専門士(医療専門課程)
●理学療法士
●運動器認定理学療法士
●Red Cord 国際認定コース (Neurac 1, Neurac 2, ActiveCor) 修了
●全日本空手道連盟 公認初段位
●日本空手道丸與志會丸與志舘道場(松濤館流) 初段位
主な職歴
●札幌医科大学医学部解剖学第二講座生体機能構造学 訪問研究員(現在)
●札幌医科大学保健医療学部理学療法学第二講座生体工学 訪問研究員
●札幌医科大学保健医療学部 非常勤講師
●北海道医療大学リハビリテーション科学部 臨床講師
●祐川整形外科医院リハビリテーション科 理学療法士(常勤)
●札幌清田整形外科病院リハビリテーション科 理学療法士(常勤)
担当科目
●解剖学
●解剖学演習
●解剖学実習
●運動学
●運動療法基礎理論
●骨関節障害理学療法学
●骨関節障害理学療法学演習
●老年学
●理学療法学概論
●理学療法学特論
●理学療法研究法
研究テーマ
●2022年度~現在 仙台青葉学院短期大学 学長裁量研究費『未固定凍結遺体を用いた腱板断裂サイズによる棘上筋腱の肩関節外転起用率の比較計測』
●2021年度~現在 仙台青葉学院短期大学 学長裁量研究費『棘上筋腱の受動張力による組織弾性―未固定凍結遺体を用いた超音波エラストグラフィー計測』
●2020年度~現在 科研費助成事業・採択奨励研究費『未固定凍結遺体を用いた腱板部分断裂モデルによる運動リスク検討』
●2020年度~現在 札幌医科大学 医学部 解剖学第二講座 訪問研究員『未固定凍結遺体を用いた肩関節周囲組織の筋緊張モデルによる関節可動域制限への影響』
●2020年度~現在 札幌医科大学 医学部 解剖学第二講座 訪問研究員『未固定凍結遺体を用いたULTTによる神経伸張計測』
●2019年 札幌医科大学学術振興事業(研究者等海外派遣事業)『肩甲骨面挙上角度による棘上筋腱深層線維の伸び率計測:未固定人体標本を用いた棘上筋腱表層断裂モデル』
●2017~2019年度 札幌医科大学大学院 博士研究『棘上筋腱深層線維の伸び率計測』
●2013年度 札幌医科大学 保健医療学部 理学療法学第二講座 訪問研究員『肩関節周囲組織の張力・伸び率計測』
●2011~2012年度 札幌医科大学大学院 修士研究『棘上筋腱の張力・トルク・表層線維伸び率計測』
●2011年 札幌医科大学特定医学研究推進事業・学術振興事業 『肩関節運動と頚椎・胸郭運動との関連について』
主要論文
●Kento Hirota, Kota Watanabe, Yuki Saito, Hiroki Miyamoto, Keisuke Negishi, Atsushi Teramoto, Masaki Katayose. Flexion Movement with Tendon Excursion Based on Anatomical Variation: a Cadaver Study. Journal of Orthopaedics, Trauma and Rehabilitation, 2022 Accept 【査読有り】
●Hiroki Miyamoto, Kota Watanabe, Atsushi Teramoto, Naoya Iida, Tatsuya Taniguchi, Kento Hirota, Keisuke Negishi, Mineko Fujimiya. Strain Measurement of the Deep Layer of the Supraspinatus Tendon using fresh cadaver: The Influence of Shoulder Elevation. Clinical Biomechanics (Bristol, Avon), 80, 105160, 2020 【査読有り】
●Yukihiro Osanami, Mitsuhiro Aoki, Rikiya Shirato, Yuki Saito, Egi Hidaka, Hiroki Miyamoto, Eiichi Uchiyama. Tensile load on the flexor digitorum profundus tendon during palmar and lateral blocking exercises: Influence on blocking force and distal interphalangeal joint flexion angle. Journal of Hand Therapy (USA), 20, 30143-5, 2020 【査読有り】
●Naoya Iida, Keigo Taniguchi, Kota Watanabe, Hiroki Miyamoto, Tatshuya Taniguchi, Mineko Fujimiya, Masaki Katayose. Effective stretching positions for the posterior shoulder capsule as determined by shear wave elastography. Journal of Shoulder Elbow Surgery (USA), 30(5), 1186-95, 2020 【査読有り】
●Naoya Iida, Keigo Taniguchi, Kota Watanabe, Hiroki Miyamoto, Tatshuya Taniguchi, Mineko Fujimiya, Masaki Katayose. Relationship between shear modulus and passive tension of the posterior shoulder capsule using ultrasound shear wave elastography: A cadaveric study. Journal of Biomechanics (USA), 99, 1094-1098, 2020 【査読有り】
●Hiroki Miyamoto, Mitsuhiro Aoki, Egi Hidaka, Mineko Fujimiya, Eiichi Uchiyama. Measurement of strain and tensile force of the supraspinatus tendon under conditions that simulates low angle isometric elevation of the gleno-humeral joint: Influence of adduction torque and joint positioning. Clinical Biomechanics (Bristol, Avon), 50, 92-96, 2017 【査読有り】
●廣田健斗, 渡邉耕太, 根岸奎輔, 宮本浩樹, 谷口達也, 寺本篤史, 山下敏彦. 足趾屈曲方法の違いが足部内在筋と外在筋の活動に与える影響-超音波エラストグラフィを用いた評価-, 日本臨床スポーツ医学会誌, 29(2), 158-163, 2021 【査読有り】 【学会賞受賞】
●谷口達也, 渡邉耕太, 宮本浩樹, 廣田健斗, 根岸奎輔, 寺本篤史. 超音波診断装置による足部腱滑走距離計測-異なる足関節肢位の影響-. 日本足の外科学会雑誌, 41巻1号, 118-121, 2020 【査読有り】
●飯田尚哉, 谷口圭吾, 渡邉耕太, 宮本浩樹, 谷口達也, 藤宮峯子, 片寄正樹. 肩関節後下方関節包の組織弾性と受動張力の関係 ―未固定凍結人体標本を用いた検討―. 日本基礎理学療法学雑誌, 21巻1号, 88-94, 2018 【査読有り】
●宮本浩樹, 堂田泰平, 新開谷深. 一側上肢の前方挙上角度と下部頚椎・上部胸椎の最大回旋との関係について. 北海道理学療法, 25, 42-45, 2008 【査読有り】
●宮本浩樹, 渡邉耕太. 未固定ヒト遺体を用いた棘上筋腱深層線維の伸び率計測:肩甲骨面挙上角度が及ぼす影響. 札幌医科大学博士論文, 2020 【学位論文】
●宮本浩樹, 青木光広, 内山英一. 肩甲上腕関節の等尺性運動を想定した棘上筋停止部の伸び率と腱張力計測:関節トルクと関節肢位が及ぼす影響. 札幌医科大学修士論文, 2015 【学位論文】
主な著書・翻訳
●『理学療法ガイドライン 第2版』 日本理学療法士協会, 日本理学療法学会連合理学療法標準化検討委員会ガイドライン部会, 2021
●『からだの機能と運動療法(下肢・骨盤)』 監修:内山英一、青木光広 メジカルビュー, 2014
●『からだの機能と運動療法(上肢・体幹)』 監修:青木光広 メジカルビュー, 2013
学会発表等
【国際学会】
●Hiroki Miyamoto, Kota Watanabe, Naoya Iida, Tatsuya Taniguchi, Kento Hirota, Keisuke Negishi, Mineko Fujimiya. A study of exercise therapy risk in a rotator cuff surface tear model: A cadaveric study, World Physiotherapy Congress 2021 online(Dubai, UAE), April, 2021
●Kento Hirota, Kota Watanabe, Keisuke Negishi, Hiroki Miyamoto, Atsushi Teramoto, Evaluation of Toe Flexor Muscle Activity during Toe Flexion with or without Interphalangeal Joint Flexion using Ultrasound Shear Wave Elastography. Orthopaedic Research Society Annual Meeting 2021(Long Beach, California, USA), Feb, 2021
●Hiroki Miyamoto, Naoya Iida, Tatsuya Taniguchi, Kento Hirota, Keisuke Negishi, Mineko Fujimiya, Kota Watanabe. Comparison of the strain in the supraspinatus tendon deep layer of surface tear and non-tear: A cadaveric study. Orthopaedic Research Society Annual Meeting 2020 (Phoenix, Arizona, USA), Feb, 2020.
●Naoya Iida, Keigo Taniguchi, Kota Watanabe, Hiroki Miyamoto, Tatsuya Taniguchi, Mineko Fujimiya, Masaki Katayose. Effective Stretching Position for the Tightness of Posterior Shoulder Capsule Determined by Shear Wave Elastography, American College of Sports Medicine 66th Annual Meeting 2019(Orlando, Florida, USA), May, 2019
●Hiroki Miyamoto, Naoya Iida, Tatsuya Taniguchi, Mineko Fujimiya, Kota Watanabe. Strain measurement of the deep layer of the supraspinatus tendon: A cadaveric study, World Congress for Physical Therapy Annual Meeting 2019(Geneva, Switzerland), May, 2019
●Hiroki Miyamoto, Naoya Iida, Tatsuya Taniguchi, Mineko Fujimiya, Kota Watanabe. Measurement of strain on the deep layer of the supraspinatus tendon: The influence of shoulder elevation. Orthopaedic Research Society Annual Meeting 2019(Austin, Texas, USA), Feb, 2019
●Naoya Iida, Keigo Taniguchi, Kota Watanabe, Hiroki Miyamoto, Tatsuya Taniguchi, Mineko Fujimiya, Masaki Katayose. The validity of evaluating passive force in posteroinferior shoulder capsules using ultrasound shear wave elastography -A cadaveric study-. Orthopaedic Research Society Annual Meeting 2019(Austin, Texas, USA), Feb, 2019
●Naoya Iida, Keigo Taniguchi, Kota Watanabe, Hiroki Miyamoto, Tatsuya Taniguchi, Toshiki Jumonji, Mineko Fujimiya, Masaki Katayose. RELATIONSHIP BETWEEN THE SHEAR ELASTIC MODULUS AND PASSIVE FORCE IN POSTERIOR SHOULDER CAPSULES: A CADAVERIC STUDY. The 36th International Conference on Biomechanics in Sports 2018(Auckland, New Zealand), Sep, 2018 【ISBS Student Travel Grant受賞】
●Hiroki Miyamoto, Mitsuhiro Aoki, Egi Hidaka, Yuichi Takata, Rikiya Shirato, Yukihiro Osanami, Yuki Saito, Fujimiya Mineko, Eiichi Uchiyama. Measurement of strain and tensile force of the supraspinatus tendon in condition that simulates isometric elevation of the gleno-humeral joint: Influence of applied torque and joint positioning. Orthopaedic Research Society Annual Meeting 2016(Orlando, Florida, USA), Mar, 2016
●Hiroki Miyamoto, Mitsuhiro Aoki, Egi Hidaka, Mineko Fujimiya, Eiichi Uchiyama. Measurement of strain and tensile force of the supraspinatus tendon in condition that simulates isometric elevation of the glenohumeral joint: Influence of adduction torque and joint positioning. World Congress for Physical Therapy Annual Meeting 2015(Singapore), May, 2015
●Egi Hidaka, Mitsuhiro Aoki, Hiroki Miyamoto, Yuki Saito, Daisuke Suzuki, Mineko Fujimiya. Pressure on the acetabular labrum in the hip position that is reported for labral injuries: a cadaveric biomechanical study. World Congress for Physical Therapy Annual Meeting 2015(Singapore), May, 2015

【国内学会】
●廣田健斗, 渡邉耕太, 根岸奎輔, 宮本浩樹, 谷口達也, 寺本篤史. 「成長期の対象におけるFHL分枝数と足趾機能の関係」 Flexor Hallucis longus tendinous slips and the relationship to toe flexor function in the growing child. 第46回日本足の外科学会(東京, ハイブリッド), 2021年11月
●宮本浩樹, 渡邉耕太, 廣田健斗, 根岸奎輔, 飯田尚哉, 谷口達也, 藤宮峯子. 腱板表層断裂症例に対する運動療法安全域の検討:未固定凍結遺体を用いた表層断裂有無での腱深層伸び率比較. 第9回日本運動器理学療法学会(岐阜, オンライン), 2021年9月【優秀賞受賞】
●廣田健斗, 渡邉耕太, 根岸奎輔, 山津健太, 林瑞穂, 宮本浩樹. 足部内在筋をターゲットとしたMTP flexion exerciseとshort foot exercise中の足趾屈曲筋の活動比較. JOSKAS-JOSSM 2021(札幌, オンライン), 2021年6月
●廣田健斗, 渡邉耕太, 根岸奎輔, 宮本浩樹, 谷口達也. 山下敏彦. 足趾屈曲方法の違いによる足部内在筋と足部外在筋の活動評価. JOSKAS-JOSSM 2020(神戸, オンライン), 2020年12月
●廣田健斗, 渡邉耕太, 根岸奎輔, 宮本浩樹, 谷口達也. 足部内在筋をターゲットとしたトレーニング方法の開発-超音波エラストグラフィを用いたエクササイズ中の活動評-. 第31回日本臨床スポーツ医学会(宮崎, オンライン), 2020年11月
●宮本浩樹, 飯田尚哉, 谷口達也, 廣田健斗, 根岸奎輔, 藤宮峯子, 渡邉耕太. 未固定ヒト遺体を用いた棘上筋腱深層線維の伸び率計測:肩甲骨面挙上角度が及ぼす影響. 第12回早稲田大学・札幌医科大学スポーツ医科学研究会(札幌), 2020年1月
●谷口達也, 宮本浩樹, 廣田健斗, 根岸奎輔, 渡邉耕太. 超音波診断装置による足部腱滑走距離の評価-Thiel法固定標本を用いた妥当性検証-. 第12回早稲田大学・札幌医科大学スポーツ医科学研究会(札幌), 2020年1月
●宮本浩樹, 飯田尚哉, 谷口達也, 廣田健斗, 藤宮峯子, 山下敏彦, 渡邉耕太. 異なる肩甲骨面挙上角度による棘上筋腱深層線維の伸び率計測:未固定人体標本を用いた検討. 第34回日本整形外科学会基礎学会(横浜), 2019年10月
●宮本浩樹, 飯田尚哉, 渡邉耕太. 肩甲骨面挙上角度による棘上筋腱深層線維の伸び率計測:未固定人体標本を用いた棘上筋腱表層断裂モデル. 第45回日本整形外科スポーツ医学会学会(大阪), 2019年8月
●宮本浩樹, 飯田尚哉, 谷口達也, 廣田健斗, 藤宮峯子, 渡邉耕太. 異なる肩甲骨面拳上角度による棘上筋腱深層線維の伸び率計測:未固定人体肩標本を用いた検討. 第70回北海道理学療法学会(帯広), 2019年6月
●飯田尚哉, 谷口圭吾, 渡邉耕太, 宮本浩樹, 谷口達也, 片寄正樹. 超音波剪断波エラストグラフィーを用いた肩関節後方軟組織に対する有効なストレッチング肢位の検討-未固定凍結人体標本を用いた研究-. 第70回北海道理学療法学会(帯広), 2019年6月
●飯田尚哉, 谷口圭吾、渡邉耕太, 宮本浩樹, 谷口達也, 藤宮峯子, 山下敏彦, 片寄正樹. 剪断波エラストグラフィーを用いた肩関節後方軟組織のタイトネスに対する有効なストレッチング肢位の検討. 第92回日本整形外科学会総会(横浜), 2019年5月
●宮本浩樹, 飯田尚哉, 谷口達也, 藤宮峯子, 山下敏彦, 渡邉耕太. 未固定標本を用いた棘上筋腱深層線維の伸び率計測:肩甲骨面拳上角度が及ぼす影響. 第136回北海道整形災害外科学会(札幌), 2019年1月
●飯田尚哉, 谷口圭吾, 渡邉耕太, 宮本浩樹, 谷口達也, 藤宮峯子, 山下敏彦, 片寄正樹. 肩関節後方関節包のタイトネスに対する有効なストレッチング肢位の検討-未固定標本と剪断波エラストグラフィーを用いた研究-. 第136回北海道整形災害外科学会(札幌), 2019年1月
●宮本浩樹, 飯田尚哉, 谷口達也, 渡邉耕太. 未固定人体標本を用いた棘上筋腱深層線維の伸び率計測:肩甲骨面拳上角度が及ぼす影響. 第6回日本運動器理学療法学会(福岡), 2018年12月
●飯田尚哉, 谷口圭吾, 渡邉耕太, 宮本浩樹, 谷口達也, 藤宮峯子, 片寄正樹. 肩関節後方関節包における受動的なスティフネスの定量評価:未固定凍結人体標本を用いた検討. 第5回日本スポーツ理学療法学会(幕張), 2018年12月
●飯田尚哉, 谷口圭吾, 渡邉耕太, 宮本浩樹, 谷口達也, 十文字駿起, 藤宮峯子, 寺本篤史, 山下敏彦, 片寄正樹. 肩関節後方関節包のスティフネスと受動張力の関係:未固定凍結人体標本を用いた検討. 第33回日本整形外科学会基礎学会(奈良), 2018年10月
●飯田尚哉, 谷口圭吾, 渡邉耕太, 宮本浩樹, 谷口達也, 藤宮峯子, 金谷耕平, 片寄正樹. 肩関節後方筋における受動的な弾性特性評価:未固定凍結人体標本を用いた検討. 第30回日本整形外科超音波学会(山形), 2018年7月
●日高恵喜, 青木光広, 加谷光規, 宮本浩樹, 白戸力弥, 齋藤悠城, 高田雄一, 長南行浩, 名越智, 鈴木大輔, 藤宮峯子. 寛骨臼関節唇損傷の好発部位における関節唇内圧の計測 :新鮮解剖標本を用いたバイオメカニクス研究. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会(富山), 2015年10月
●宮本浩樹, 青木光広, 日高恵喜, 高田雄一, 白戸力弥, 長南行浩, 齋藤悠城, 内山英一. 未固定凍結標本を用いた棘上筋腱表層線維の生体工学的特性:肩甲骨面拳上角度と内転トルクが及ぼす影響. 第49回日本理学療法学会(横浜), 2014年5月
●日高恵喜, 青木光広, 名越智, 齋藤悠城, 高田雄一, 宮本浩樹, 長南行浩, 白戸力弥, 鈴木大輔, 藤宮峯子. 股関節肢位が寛骨臼関節唇の圧に与える影響 新鮮遺体標本を用いた生体力学的解析. 第49回日本理学療法学会(横浜), 2014年5月
●宮本浩樹, 青木光広, 日高恵喜, 高田雄一, 齋藤悠城, 内山英一. 未固定凍結標本を用いた棘上筋腱表層線維の生体工学的特性:肩甲骨面拳上角度と内転トルクが及ぼす影響. 第64回北海道理学療法学会(札幌), 2013年11月
●宮本浩樹, 青木光広, 日高恵喜, 白戸力弥, 高田雄一, 長南行浩, 齋藤悠城, 鈴木大輔, 藤宮峯子, 山下敏彦, 内山英一. 肩甲上腕関節の等尺性運動を想定した棘上筋腱停止部の伸び率と腱張力計測:関節トルクと関節肢位が及ぼす影響. 第28回日本整形外科学会基礎学会(千葉), 2013年10月
●日高恵喜, 青木光広, 泉水朝貴, 高田雄一, 宮本浩樹, 鈴木大輔, 藤宮峯子. 股関節周囲靭帯の伸張肢位を検討する拘縮に対する効果的な治療手順を求めて. 第48回日本理学療法学会(名古屋), 2013年5月
●日高恵喜, 青木光広, 宮本浩樹, 高田雄一, 山下敏彦, 鈴木大輔, 藤宮峯子. 股関節周囲靭帯の伸び率計測による選択的ストレッチング方法の検証:カダバーを用いた定量的分析. 第39回日本臨床バイオメカニクス学会(千葉), 2012年11月
●宮本浩樹, 堂田泰平, 新開谷深. 一側上肢の前方挙上角度と下部頚椎・上部胸椎の最大回旋との関係について. 第58回北海道理学療法学会(札幌), 2007年11月
社会活動等
●第10回 日本運動器理学療法学会(2022仙台オンライン) 企画部門準備委員
●日本理学療法士協会 ガイドライン第2版・用語策定委員会 膝関節作成班班員
●2022年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー 実行委員(運営窓口)
●2021年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー 実行委員(運営)
●2019年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー 実行委員(運営)
●2018年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー 実行委員(運営)
●2017年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー 実行委員(運営)
●2016年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー 実行委員
●2015年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー 実行委員
●2014年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー 実行委員
●2013年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー 実行委員
●2012年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー 実行委員
●2011年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー 実行委員
●Journal of Orthopedics and Surgery Techniques 査読委員 (2020)
●第40回 東北理学療法学会 査読委員
●第39回 東北理学療法学会 査読委員
●第70回 北海道理学療法学会 査読委員
●第69回 北海道理学療法学会 査読委員
●第69回 北海道理学療法学会 座長
●第32回 北海道マラソン2018 救護班, 2018.08.26
●第30回 北海道マラソン2016 救護班, 2016.08.28
●第29回 北海道マラソン2015 救護班, 2015.08.30
●第28回 北海道マラソン2014 救護班, 2014.08.31
●第26回 北海道マラソン2012 救護班, 2012.08.26
●第24回 北海道マラソン2010 救護班, 2010.08.29
●第23回 北海道マラソン2009 救護班, 2009.08.30
●第22回 北海道マラソン2008 救護班, 2008.08.31
●第21回 北海道マラソン2007 救護班, 2007.09.09
講演等
●2021年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー インストラクター, 2021.10.09-10
●2019年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー インストラクター, 2019.10.19-20
●2018年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー インストラクター, 2018.10.13-14
●2017年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー インストラクター, 2017.10.14-15
●2016年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー インストラクター, 2016.10.15-16
●2015年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー インストラクター, 2015.10.17-18
●2014年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー インストラクター, 2014.10.18-19
●2013年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖ワークショップ インストラクター, 2013.10.19-20
●2013年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー インストラクター, 2013.10.12-13
●2012年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖ワークショップ インストラクター, 2012.11.20-21
●2012年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー インストラクター, 2012.10.13-14
●2011年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖ワークショップ インストラクター, 2011.11 05-06
●2011年度 札幌医科大学メディカルスタッフのための解剖セミナー インストラクター, 2011.10.29-30
●札幌医科大学保健医療学部理学療法学第二講座同志会 教育講演, 2018.06
●2018年度 第2回マニュアルセラピー研究会 MV-1(脊柱モビライゼーション・触診) 講師, 2018.12
●2018年度 第1回マニュアルセラピー研究会 MV-1(脊柱モビライゼーション・触診) 講師, 2018.11
●2017年度 第2回マニュアルセラピー研究会 ME-1(四肢モビライゼーション・触診) 講師, 2017.10
●2017年度 第1回マニュアルセラピー研究会 ME-1(四肢モビライゼーション・触診) 講師, 2017.08
●2016年度 第2回マニュアルセラピー研究会 ME-1(四肢モビライゼーション・触診) 講師, 2016.09
●2016年度 第1回マニュアルセラピー研究会 ME-1(四肢モビライゼーション・触診) 講師, 2016.08
●2015年度 第2回マニュアルセラピー研究会 ME-1(四肢モビライゼーション・触診) 講師, 2015.10
●2015年度 第1回マニュアルセラピー研究会 ME-1(四肢モビライゼーション・触診) 講師, 2015.08
●2014年度 第2回マニュアルセラピー研究会 ME-1(四肢モビライゼーション・触診) 講師, 2014.07
●2014年度 第1回マニュアルセラピー研究会 ME-1(四肢モビライゼーション・触診) 講師, 2014.06
●2013年度 第2回マニュアルセラピー研究会 ME-1(四肢モビライゼーション・触診) 講師, 2013.07
●2013年度 第1回マニュアルセラピー研究会 ME-1(四肢モビライゼーション・触診) 講師, 2013.06
●2012年度 第2回マニュアルセラピー研究会 ME-1(四肢モビライゼーション・触診) 講師, 2012.08
●2012年度 第1回マニュアルセラピー研究会 ME-1(四肢モビライゼーション・触診) 講師, 2012.07
●2011年度 第2回マニュアルセラピー研究会 ME-1(四肢モビライゼーション・触診) 講師, 2011.08
●2011年度 第1回マニュアルセラピー研究会 ME-1(四肢モビライゼーション・触診) 講師, 2011.07
●マニュアルセラピー研究会 定例会(WCPT 2015報告) 講師, 2015.07.16
所属学会
●日本理学療法士協会,宮城県理学療法士会
●日本運動器理学療法学会
●Orthopaedic Research Society(アメリカ整形外科学会基礎学会)
●日本臨床スポーツ医学会
●日本足の外科学会
●北海道整形災害外科学会
●マニュアルセラピー研究会
教員からの一言
ご献体から得た知見と整形外科での臨床経験をいかし、よりわかりやすく教育できるよう努めてまいります。

Mail:h_miyamoto@seiyogakuin.ac.jp
HP:https://researchmap.jp/sapporosendai