ホーム  >  トピックス  >  広瀬川灯ろう流しに参加しました

トピックス

Topics

2018.09.03 広瀬川灯ろう流しに参加しました

リハビリテーション学科では、毎年、学生ボランティアで「広瀬川灯ろう流し」に協力しています。
今年度も8月19日~21日の3日間で延べ28名が参加しました。

広瀬川灯ろう流しは江戸時代から行われ、昭和に入ると花火大会も同時に開催されるなど、「夏の風物詩」として親しまれるようになり、仙台市内有数の夏祭りとなりました。
歴史と由緒あるこの行事を地域の伝統にしていきたいという思いから、広瀬川を囲む長町、南材地区の商店会、町内会が運営の中心となり、旧暦での仙台の送り盆にあわせ毎年8月20日に開催しています。

当日、学生たちは灯ろうの製作から川への流し受付、会場のゴミ回収や清掃まで、様々な場面で大活躍でした。

>広瀬川灯ろう流しについてはこちらから


 


 


一覧へ戻る