ホーム  >  トピックス  >  国際教育シンポジウムに参加しました

トピックス

Topics

2018.11.16 国際教育シンポジウムに参加しました

11/13(火)に仙台青葉学院短期大学長町キャンパスで開催された『国際教育シンポジウムin仙台』に、本学こども学科の2年生が参加しました。

 

このシンポジウムは、長年本学園の非常勤講師として活躍されている中村裕子先生の計らいにより、本学園の学生のために開催していただきました。
世界一幸せな国とも言われるデンマークの国民参加型の福祉体制作りや、また『ペダゴウ(生活指導教諭)』という職業についての紹介と養成教育のあり方などについてご講演いただきました。

 

今回参加した学生たちにとって、これからの日本の福祉・リハビリテーション・保育のあり方について考え、工夫する大切さを知る有意義な時間を過ごすことができました。

未来の保育現場における専門職業人として、今回学んだことを活かし、ぜひ活躍して欲しいと思います。

 

この貴重な機会を下さった日本ヒューマンヘルスケア研究所所長の中村先生、デンマークよりお越しいただいたバンクミケルセン財団及び日本・デンマーク生活研究所理事長の千葉忠夫先生、前デンマーク社会省事務次官補のフォド・スヴェンセン先生、元幼稚園園長でありペダゴウ(生活指導教諭、社会生活支援士)のエヴァ・スヴェンセン先生に心より感謝いたします。

有難うございました。
 

 

 

 

 

 


一覧へ戻る