ホーム  >  トピックス  >  令和元年度 在学生のことば

トピックス

Topics

2020.03.19 令和元年度 在学生のことば

送 辞

 

 日差しのうららかさに、春の到来の喜びを感じられる季節となりました。
仙台青葉学院短期大学の全課程を修了され、新たな門出の時を迎えられました先輩方、ご卒業誠におめでとうございます。在学生を代表し、お祝い申し上げます。
 これから先輩方は学生生活を終え、社会の一員として世の中と関わっていくことになります。まだ見知らぬ新しい世界への期待と少しの不安の両方を抱えていることと思います。
 実社会に出て行かれても夢や目標そして志を胸にそれぞれの場所で輝き、ご活躍されていくことを心より願っています。
 私たちは先輩方から、多くのことを学ばせていただきました。
「せいよう祭」や「スポーツ大会」、「サークル活動」では学科の垣根を越えて先輩方と楽しく充実した時を共有することができました。
 私が在籍している栄養学科では、後期に校外実習報告会が行われます。報告会では、先輩方々が実習先で学んだ栄養士としての知識や必要な技術、心構え等、生の声を聴かせていただく貴重な機会をいただきました。また就職活動報告会では、先輩方の経験談を直接うかがい、不安や疑問が解決でき、私たちの就職活動の原動力になっています。
 先輩方の頑張っている姿、努力されている姿は常に、私たちの糧となり励みとなっております。優しくあたたかな先輩方に出会い、同じ学び舎で過ごせましたことは私たちの誇りです。心より感謝しております。
 私たち後輩は、先輩方が築いてくださった歴史を受け継ぎ、より一層輝かしいものに発展させていくことをお約束いたします。
 最後に、在学生一同皆様の今後のご活躍と、ご健勝をお祈り申し上げ送辞といたします。


令和2年3月19日
仙台青葉学院短期大学 在学生代表
栄養学科一年 石羽澤 瑞稀


一覧へ戻る