Topics

河北新報に掲載されました

本学リハビリテーション学科 学科長の吉川先生が多賀城市にある放課後児童クラブで小学生の支援を始めました。

みんなと同じことができなかったり、言葉で伝えるのが不器用だったりする子どもが少しでも生活しやすいよう、作業療法士としての目線で子どもたちの行動を観察し、放課後児童支援員に生活改善のためのノウハウを伝えていきます。

河北新報に掲載されましたので、ぜひご覧ください。

河北新報の記事はこちらから