For Prospective StudentsFor Prospective Students

2021-01-29

  • こども

オペレッタの発表会を行いました

先日、こども学科2年生の「総合表現演習Ⅱ」で、オペレッタの学内発表会を行いました。

 「総合表現演習Ⅱ」では、子どもたちがさまざまな児童文化財に親しめるよう,テーマをもってストーリーを考え,それに沿ったレクリエーションを展開するために必要な知識・技術を学ぶことを目的として授業を行っています。その中で今回は、オペレッタに取り組みました。

 オペレッタは、ヨーロッパ生まれの音楽劇の1つで、歌や音楽、セリフを用いて表現します。音楽に合わせて歌ったり踊ったりするため、小さい子どもでも取り組みやすいという特徴があり、保育所や幼稚園等では行事として取り入れられることが増えています。


 今回学生たちが選んだ演目は、「てぶくろ」「不思議の国のアリス」「おおきなかぶ」の3つです。 学生たちは、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、さまざまな活動の制約がある中で、グループごとにお互いが工夫・協力し合いながらオペレッタの準備を進めてきました。歌・劇・道具や衣装の制作と、それぞれに役割をもって楽しく取り組むことができました。

一覧に戻る