For Prospective StudentsFor Prospective Students

2021-06-04

  • リハビリ

【授業紹介】理学療法学専攻 骨関節障害理学療法評価学実習

理学療法学専攻2年生が履修する骨関節障害理学療法評価学実習は、整形外科疾患の病態を把握するための検査方法や、骨関節障害の検査・測定をするための基本的技術の習得が目的の授業です。今回は大型筋力測定器(バイオテックス)を用いて筋力測定と筋力評価の実習を行いました。グループごとに筋力測定器を使用して、操作方法や骨関節障害における評価を学び、これらの技術を臨床実習などでさらに高めていきます。

一覧に戻る